14516円 エバニュー(EVERNEW) ライン引 eライン引4WS EKA616 長さ53.7cm×幅38.1cm×高さ42cm(取手73~87.5cm) スポーツ・アウトドア 陸上・トラック競技 その他 ライン引,スポーツ・アウトドア , 陸上・トラック競技 , その他,14516円,長さ53.7cm×幅38.1cm×高さ42cm(取手73~87.5cm),エバニュー(EVERNEW),EKA616,/granate1902594.html,eライン引4WS,daneelcar.com 14516円 エバニュー(EVERNEW) ライン引 eライン引4WS EKA616 長さ53.7cm×幅38.1cm×高さ42cm(取手73~87.5cm) スポーツ・アウトドア 陸上・トラック競技 その他 ライン引,スポーツ・アウトドア , 陸上・トラック競技 , その他,14516円,長さ53.7cm×幅38.1cm×高さ42cm(取手73~87.5cm),エバニュー(EVERNEW),EKA616,/granate1902594.html,eライン引4WS,daneelcar.com エバニュー EVERNEW ライン引 祝日 eライン引4WS EKA616 長さ53.7cm×幅38.1cm×高さ42cm 取手73~87.5cm エバニュー EVERNEW ライン引 祝日 eライン引4WS EKA616 長さ53.7cm×幅38.1cm×高さ42cm 取手73~87.5cm

エバニュー EVERNEW お得 ライン引 祝日 eライン引4WS EKA616 長さ53.7cm×幅38.1cm×高さ42cm 取手73~87.5cm

エバニュー(EVERNEW) ライン引 eライン引4WS EKA616 長さ53.7cm×幅38.1cm×高さ42cm(取手73~87.5cm)

14516円

エバニュー(EVERNEW) ライン引 eライン引4WS EKA616 長さ53.7cm×幅38.1cm×高さ42cm(取手73~87.5cm)




ライン幅:5cm/10cm(サッカー用)
本体サイズ:長さ53.7cm×幅38.1cm×高さ42cm(取っ手高さ73~87.5cm)
自重:10.5kg
生産国:日本
標準容量/概算距離(炭酸カルシウム):約24kg/約1500m(5cm幅)約720m(10cm幅)
材質=本体:鋼板 タイヤ:EVA発泡 ホイール:ポリプロピレン 車輪径=前輪:16.5cm 後輪:20cm
地面から粉出部までの高さ4.3cm 吐出しブラシ:チャンネルロールブラシ
機能=粉吐出し口の取り外し可能(吐出し口の水洗いができます)
ライン幅調節機能付(5cm、10cm)粉出しストッパー機能付
粉吐出し機能:チャンネルロールブラシの採用により粉を均一に吐出すことができ、より鮮明に、経済的な線引きが可能。
サークルライン引き用フック付
従来品に比べて粉を節約しながらきれいにラインが引けるラインカ―を開発しました。・サイズ:長さ53.7cm×幅38.1cm×高さ42cm(取手73~87.5cm)・1台・自重:10.5kg・標準容量(炭酸カルシウム):約24kg・材質:本体:鋼板、タイヤ:EVA発泡、ホイール:ポリプロピレン・地面から粉出部までの高さ4.3cm・概算距離(炭酸カルシウム)5cm幅1500m/10cm幅720m/ECO(5cm)約2200m・チャンネルロールブラシ・粉を均一に落とすことにより従来品に比べて経済的にラインを引くことができます・日本製

エバニュー(EVERNEW) ライン引 eライン引4WS EKA616 長さ53.7cm×幅38.1cm×高さ42cm(取手73~87.5cm)

MENU

日本カイロプラクターズ協会(JAC)とは

- About Japanese Association of Chiropractors -

日本カイロプラクターズ協会(JAC)は1998年3月に設立されたカイロプラクティックの業者団体です。倫理規定を重視し、透明性の高い開かれた組織でWHOガイドラインに準拠した基準の教育を履修した正規のカイロプラクターのみが所属できる団体です。世界保健機関(WHO)の非政府組織(NGO)に加盟している世界カイロプラクティック連合(WFC)へ日本代表団体として1999年に加盟し、世界92ヶ国の代表の総意で決めたWFCの精神と政策を日本に伝え、実践を目指しています。

WFCの日本代表として、行政との折衝、国際交流、教育活動、啓蒙活動、科学的研究の実践を通して、我が国におけるカイロプラクティックの業務をWHO基準で発展させ、倫理規定を設けて自主規制を行い、国民が安心してカイロプラクティックを受けられるよう国内でのWHO基準に則った法制化の実現を目指して活動しています。2012年、独立行政法人国民生活センターから安全性と広告に関するガイドラインの作成を要請された後、日本広告審査機構や厚生労働省、消費者庁と連携しながら利用者の安全確保に努めています。また厚生労働省による統合医療推進事業を支援しています。